子供の頃は、母親は結婚指輪をしていました。

父親は結婚指輪をしていませんでした。

両親も挙式のみだったそうです。

母親はいつも結婚指輪をして、お料理を作ったり、お洗濯をしたりしていました。

子供の頃は母親とよく遊んでいました。

まだ母親が仕事をしていなかった時には、自宅で遊んでもらったり、またお庭で遊んでもらったりしていました。

また、母親と一緒にお買い物に行くことも楽しみのひとつだったのです。

また、自宅では母親に手芸を教えてもらったこともあります。

また、塗り絵をしたり折り紙をしたりしながら楽しく遊んだこともたくさんありました。

母親とこのように楽しく過ごしている時には、いつも素敵な結婚指輪だな、と思っていました。

母は「あの頃はお金がなっかたから」と言っていましたが、母親にとてもよく似合っているシンプルなデザインでした。

一緒にお買い物に行く時には、母親はいつも素敵な洋服を着ていました。

お洒落をした時には、より一層結婚指輪が綺麗に見えていました。

このような姿の母親と一緒にいろいろなデパートでお買い物を楽しむことができて、いつも嬉しさを感じていました。

家族全員で外食をすることも多かったのです。

この時にも、母親は素敵な洋服を着ていました。

母親の綺麗な指を見ながら、美味しいお食事を頂くことができました。