結婚指輪をしている人としていない人。

結婚をしていても結婚指輪をしていない人は多くいます。

結婚して間もない頃は指輪をしていても、10年もすると指輪のサイズが合わなくなり、付けるのを辞めてしまうものです。

中にはサイズを調整してずっと付けている人もいます。

身の回りにいる既婚者などの左手を見ても、結婚指輪をしている人はごく僅かだと言うのが現状ではないでしょうか。

最近はペアーリングを結婚指輪の代わりにする人もいると言います。

指輪は高価なものですのでペアーリングで代用してしまうというもののようです。

因みに、挙式のみのカップルでも、結婚式を行う時に指は輪の交換の儀式がありますから、どうしても指輪が必要になります。

そのためペアーリングで代用し、その分他の物を購入すると言う考え方もあるのだという事です。

従来は、左手の薬指に指輪をしていれば結婚をしているという証しとして結婚指輪は存在していました。
しかし今では指輪をつけている人も少なくなっていることからも、指輪が無いから独身であるとmp言えなくなっているのです。

回りにいる人々の左手見てみると指輪をしている人は少ないものです。